大阪府門真市の磯和歯科医院 一般歯科・小児歯科・矯正歯科・訪問診療・歯周病治療・予防歯科等



当医院は歯科医師臨床研修施設として、臨床研修医の受け入れをしています。

入れ歯のお手入れ

歯科医師  磯和 均・有岡貴行

 今回は、多くの高齢者の方々のお口に入っている入れ歯(義歯)のお手入れについてお話しましょう。入れ歯を作る理由の多くは、虫歯や歯周病によって歯が失われ食事が出来なかったり見た目が悪いなどです。したがって入れ歯が完成し、食事が出来るようになると治療が終わったと思われがちです。しかし、実際には新しく入った入れ歯を長く使っていただくためには、ここからが重要なのです。たとえば、コンタクトレンズは多くの場合、取り外して消毒や洗浄したりしますが、これを怠ると眼に悪影響を及ぼします。入れ歯も口の中に入れっぱなしでいると、口の中だけでなく全身的にも悪影響を及ぼします。

 入れ歯についた汚れはデンチャープラークと呼ばれ、さまざまな細菌や真菌の塊りです。これを放置していると、お口の中では口臭や虫歯や口内炎などの原因になります。また、全身の抵抗力が低下している高齢者では肺に入ると誤嚥性肺炎を引き起こすことがあります。この病気は場合によっては致命的ともなる疾患で注意が必要です。したがって新しく入ったいればのお手入れは、お口の健康管理にとって非常に重要で、入れ歯がお口の中で正常に機能していくためには欠かすことが出来ない治療の一環なのです。

 ただし治療の一環といってもこれは歯科医院で行うのではなく、本人ないし介護者の方に行っていただかなくてはなりません。それでは具体的にお手入れの方法を説明しましょう。基本的には総入れ歯も部分入れ歯も同様にお手入れは行ってください。

(1) 入れ歯の清掃
 
  入れ歯の清掃は毎食後が理想的ですが、難しい場合は一日一回就寝前に行ってください。この際、入れ歯は必ずお口から外して行います。義歯用ブラシがない場合は、普通の歯ブラシでもかまいません。入れ歯はぬめり感があるので落下による破損に注意が必要です。入れ歯が落下しても大丈夫なように洗面器に水を張って、その上で磨くようにする等工夫してください。ぬめり感がなくなれば結構ですが取れにくいときは食器用洗剤を使うのもいいでしょう。また、歯石沈着や着色が著しい場合は義歯専用の洗浄剤につけておくのも有効です。この際殺菌効果のある洗浄剤を選ぶことをお薦めします。慣れるまでは大変ですが、それほど難しいことではありませんので丁寧にするよう心がけてください。

(2) 就寝前の保管

 就寝時に入れ歯を外すか、入れておくかについては統一見解が現在のところありません。個々の症例で異なりますので、歯科医師の指示に従ってください。ただし、外す場合は乾燥に注意してください。入れ歯は材質的に乾燥に弱く変形の恐れがあります。入れ歯用の容器を用意して、中に水あるいは濡れたティッシュペーパーをいっしょにいれて保管するようにしましょう。

(3) 入れ歯の定期検診

 入れ歯は人工物なので壊れることがありますし、お口の中の環境も経年的に変化します。破損したり合わなくなってきた入れ歯をそのまま使っていると歯周組織にとって良くありません。最低でも一年に一回くらいは定期検診を必ず受けるようにしましょう。

ナイス・ケア通信 掲載


磯和歯科医院
〒571-0063 大阪府門真市常称寺町27-16
072-881-3614

Copyright (c) Isowa Dental Clinic All Rights Reserved.